山の幸

mountain vegetables

AD100489.jpg

鰹のたたき

Seared Skipjack Tuna slices

久礼港で水揚げされた鮮度抜群のカツオを、丁寧に一つずつ藁焼きにしてお届けします。1日50~60本上がるカツオの中から、時期にあわせて最もよい脂がのったものを見極めるのが、プロの技。同じ群れにいて似たような外見をしていても、1本1本、身の柔らかさや臭みの有無など、質は全く違います。

AD100549.jpg

カツオとともに生きています。

発送に選ぶのは、冷凍で出せる最高ランクのカツオだけ。お客様はもちろん、厳しい目をもつ久礼のおんちゃん達にも認めてもらえるものしか出しません。

AD207145_edited_edited.jpg

久礼の人たちは、カツオとともに生きています。腕のいい漁師と目の利く魚屋がたくさんいて、町の人の舌も厳しい。当然、いい加減なことはできません。おかげで、質の高いカツオ文化が江戸時代から続いてきました。一本釣りという「不器用」な方法では、むやみな乱獲はできません。たくさん獲れば儲かるけれど、それじゃ資源が底をつく。儲けることより守りたいのは、高いレベルの食文化。それを全国のみなさんに知ってほしい。そのためなら、毎日深夜の沖に出るのも、早朝から働きどおしでもへっちゃら。これを努力と思わず自然にしてしまうのが、久礼の人間です。私たちが心から愛し、誇れる自慢のカツオを、どうぞ味わってください。

中土佐町商工会

高知県高岡郡中土佐町久礼6636-5
伴走型小規模事業者支援推進事業

NAKATOSA

​STORY

© 2019 nakatosa​ brand_中土佐ストーリー