山の幸

mountain vegetables

AD108594-min.jpg

ミニトマト

Tomato

一般的なトマトの糖度は4~5%で、8%以上になると「フルーツトマト」と呼ばれます。まちだ農園で栽培しているトマトは糖度がだいたい8%台になるよう、二酸化炭素濃度や日射量などのデータをとり、自分の経験をもとに水や肥料の量を毎週細かく調整しています。昼と夜の寒暖差が大きい大野見は、甘いトマトを育てるのに最高の環境。薄く柔らかい皮の中に、濃い甘みとコクがギュッとつまっています。

AD108554-min.jpg

大野見をトマトで盛り上げたいとUターン

町外で会社員としてトマト栽培に従事した後、過疎化が進む地元・大野見をトマトで盛り上げたいとUターン、起業を決意。

AD108635-min.jpg

2017年からミニトマトの栽培を始めました。自宅近くのボロボロのハウスを自分の手で直すところからのスタート。地元のみなさんに愛され、お土産や贈り物として選ばれるようになると、徐々に全国に評判が広がっていきました。2020年春には、ふるさと納税仲介サイトでのトマト部門で月間寄付申込数が全国トップに。「友人にもらって、自分でも買いたくなった」「お土産、すごい喜ばれたよ」といった声を励みに、実直なトマト作りを続けています。

まちだ農園